昇仙峡マルチピッチルート「ハヌル 4P 5.9」

今日は、昇仙峡でお客様とマルチピッチルートを楽しみました。
各ピッチとも内容に変化があって面白いルートとなりました。
末端壁を4Pで抜けるルートで恐らく初登かな?と言うわけで
お客様にルート名を付けてもらいました。
韓国語で空と言う意味の「ハヌル 4P 5.9」です。

1P目 5.7 15m
最近講習で使い出した5.7からスタート。出だし意外とバランスが悪い感じが
しますが、ワイド技術を使うとスンナリと越えていけるでしょう。ポイントは膝の使い方。
ハヌル2

ハヌル1

2P目 15m 5.7
ブロック状の岩でクラックが走るフェース。思い切りよく登っていきます。結構、豪快。
終了点は、昨年春に初登した「情熱の薔薇 5.14b」のテラスです。
=写真は後日=

3P目 5.6 20m
ハングを眺めながら回り込んだらスッキリしたチムニーが待っています。
快適にバックアンドフットで進んでいきます。
=写真は後日=

4P目 5.9 40m
最終ピッチがハイライト。ルート名「ハヌル(空)」の雰囲気を感じられる爽快なラストです。
レイバックでスタートして中盤はワイド、最後は高度感あふれるフレークを右上します。
マントルをかえして終了点へ。盛りだくさんの40mです。
=写真は後日=

昇仙峡ワイドクラック講習

今日は昇仙峡ワイド講習。春本番を思わせるぽかぽか陽気の中の講習となりました。
クライミング経験豊富なお客様から、今日がクライミングデビューと言うお客様までと、幅のある参加者でした。
今まで経験したことのない動きを楽しみながら登っていく姿が印象的でした。
12022437_1153399378033535_3481256954500798542_o
5.8のワイド。初めてのチキンウイングに最適なクラックにトライするお客様。 ワイドクライミングのような技術系の講習は1日の内に、お客様の登りが良くなっていくことが多く、教え甲斐があります。

12308610_1153399451366861_3163475922253051521_n
今日が初めてのクライミング!慣れない動きに戸惑いながらも、どんどん上達して行きました。

講習後は近くの山宮温泉で汗を流し、食事を頂きながらプチスライドショー。黒部横断の様子を写真と動画で見ていただきました。
昇仙峡ワイド講習(プチスライドショー付)3月29日(あと2名)、4月7日(定員に達しました)で募集中です。
http://goo.gl/PlbfEJ
10610793_1153399618033511_4531833520190244118_n10376192_1153399488033524_4029050578026689977_n

錫杖 「見張り塔からずっと」5.9 11P

3日間の日程を確保して、ベストシーズンの錫杖クライミングを楽しんできました。
お天気にも恵まれ、充実したクライミングとなりました。
初日は、のんびりと入山し岩屋でささやかな焚き火。
大きな丸い月が穂高の稜線から姿を見せてくれました。

2日目 「見張り塔からずっと」5.8 11P
前衛フェースが朝日を受ける頃出発。
P1240731_tn_tn

続きを読む

ROCK&SNOW 69号

ROCK&SNOW 69号は「瑞牆山」特集です。
その中で、以下の3つの記録が掲載されました。
・50P継続クライミング
・コスモス(5.13a 200m)と自由登攀旅行(5.13b 225m)
・「Joyful moment」開拓記
マルチピッチクライミングの魅力が伝わると
嬉しいです。

太刀岡山 左岩稜②

春になって、本格的なクライミングシーズンとなりました。
暖かな一日、甲府の太刀岡山左岩稜へ行ってきました。
左岩稜は、マルチピッチ初心者にぴったりのルートです。
8Pピッチとピッチ数も多く、クラック~リッジ~フェースと
変化に富んだ楽しいクライミングが続きます。
マルチも初めて。クラックも初めてのお客様ですが、
ハンドジャムをジムで沢山練習して参加してくれました。
太刀岡山左岩稜のプラン詳細はこちらから。
秋も随時、太刀岡山プラン募集中です。
tatioka08_cr

続きを読む

瑞牆 屏風岩クラック・マルチクライミング講習会

秋の気配が漂う瑞牆 不動沢でクラック・マルチ講習会。
岩も良い状態になってきてこれからがベストシーズンですね。
この日は、平日の講習会ということもあり私達だけで貸切状態の
屏風岩でした。

P1040183

テーピングの巻き方、基本のハンドジャムから始まり、5.8~5.10aのクラックを中心とした講習でした。
今回、参加されたお二人は
ワイドクラックにも興味があったので「よろめきクラック」でワイド特有の動きを
講習させていただきました。チキンウイングが決まるといかに楽に体を
スタックすることができるのか。体の様々な部分でスタックさせる動きや
足捌きの基本的な動きも一通りこなしました。
クラックは技術系のクライミングです。特にワイドは日常生活やジムでも
全く使わない動きを組み合わせて割れ目を制する深く楽しいクライミングです。

P1040199
寒々ルート1P目は、立派な割れ目をレイバック。

P1040204

3P目は、結構威圧的なワイドが待っています。

お二人とも、フェースでのクライミング力は高く、ワイドクラック技術の飲み込みも早くて
ちょっとしたアドバイスで登りがスムースになっていき私としても嬉しい限りでした。
後半は、時間的にも余裕があったので
「寒々ルート5.7 3P」にてマルチピッチクライミングを実際に行いました。
3Pと短く入門的なルートです。ほぼ初めてのお客様にもマルチのシステムを理解して頂きながら
変化に富んだクライミングを楽しんで頂きました。

非常に意欲的なお客様によって有意義な講習になりました。ありがとうございます。
講習会の参加に続いて、マルチプランも申し込まれていたお客様。
次は、多くのピッチ数をこなして最高のロケーションの元クライミングを楽しみたいですね。
また、お会いできることを楽しみにしています。

不動沢での講習は、この秋(9/30,10/9)に募集プランを設定しています。
マルチピッチクライミングやアルパインクライミングの実践を見据えての
クラッククライミング講習ですが、クラック初心者でも参加可能です。
興味のある方は、
日程表や、募集プラン要綱をご覧になり、お気軽にお問い合わせ下さい。

瑞牆山 マルチピッチ クライミングガイド 継続編 調和の幻想~左岩壁~奥壁~小ヤスリ岩

お天気の良い平日。静かな瑞牆山で、熱く燃えるお客様と共にマルチピッチクライミングを行いました。
この夏に予定されている「滝谷出合~4尾根ガイド」の予行山行も兼ねてのガイディングです。
お客様のご依頼は、「ヘトヘトになるまでの継続登攀」
北アルプス等の山岳地帯のクライミングで本当の限界まで出し切ってしまったら
遭難してしまいますが、山岳地帯と比べるとアプローチが近く、
外的な危険の少ない瑞牆等で自分の限界付近まで登りこんでみるというのも貴重な経験になります。
もちろん、トレーニングとしても最適かと。

末端壁「調和の幻想 5.10a 5P」からスタート。
P1040117

続きを読む

瑞牆山 マルチピッチクライミング開拓プラン 調和の幻想~奥壁~小ヤスリ岩

かなり特殊なご依頼を頂きました。ご依頼内容は、瑞牆でのマルチピッチ開拓プランです。グランドアップによる4~5ピッチほどの開拓クライミングをご希望でした。(当然ながら)お客様がリードしてバリバリと開拓するわけではなく、主に私がリード・開拓するスタイルや様子を見てみたいとのことでした。トポの無い冒険的なクライミングをしてみたいとも。
瑞牆で4~5Pのマルチとなるとカンマンボロン~十一面岩周辺に落ち着きます。この周辺で、はたして未踏のおいしいラインはあるのか。偵察を重ね、この地に精通する開拓クライマーにもご相談しながら目的のラインを定めてガイド当日を迎えました。目指すラインは奥壁のズルムケチムニーの右にある顕著なクラックライン。

奥壁 ライン1

奥壁全景 小ヤスリ岩ピークより

続きを読む