TOPページ

クライマー佐藤裕介による、ガイドプランのご提案。
ロープを使ったバリエーションルートやクライミング、雪山登山を中心に国内の様々な山域をご案内する山岳ガイドのHPです。

募集プラン

募集プラン

しばらくの間、日程は日程表から確認願います。

パキスタン遠征終了の8月までは新たな募集は行いません。帰国後の9月から瑞牆講習&マルチを行いたいと考えています。

※昇〇峡ワイドを今後は甲府近郊の岩場として募集ます。

ブログ

黄金の風

黄金の風(8P/5.10b)

秋一番、核心手前のハング下に入り込むピッチは、オリジナルラインから行くと積み木状態の岩を登ることになり大変危険だ。原田・南裏ルートから行くのが良いだろう。黄金の風は、秋一番、原田南裏ルート、クレセントクラック等を繋いで行くルートで、1~2Pのみがオリジナルとなるルートであるが、そのスクイズチムニーが大迫力でクライマーを圧倒するルートである。全体を通してしっかりしたワイド技術が必要なピッチが多く、ベルジュエールなどより遥かに時間がかかるルートであり内容も濃い。ベルジュエールは最初の1Pが5.11bとグレード的に厳しいフェイスピッチがあるが、そのピッチ以外で比べると黄金の風が難しいしある程度のフェイス能力を備えた現代クライマーにはワイドも厳しい黄金の風の方が手強いかもしれない。全体を通してしっかりしたクライミング能力と自給力を試されるルートである。

1P目(30m 5.9)

山河微笑や翼ルートと同ライン。

2P目(25m 5.10b)

山河微笑のチムニーと別れ右のフェースを登る。秋一番ルートと同様である。5.10代の瑞牆マルチとしては珍しくフェイスの面白いピッチ。バランシーかつムーブも面白い。

3P目(25m 5.9)

ルンゼ内に2つあるワイドの左を登る。最初が見た目より結構悪い。

4P目(30m歩き+15m 5.8)

樹林の中のルンゼを上がり、チムニー目指して側壁のクラックを登る。チムニー手前の立木でピッチを切る。

5P目 30m 5.9

見上げるものを圧倒する立派なスクイズチムニー。意外とプロテクションは奥に取れるのでワイドに自信があれば特別大きなカムは必要ない。登るとドンドン傾斜を感じる素晴らしい内容である

6P目 20m 5.8(初登時は5.9ほど)

スクイズチムニーが終わり平和なテラスから見上げると二つのワイドがある。初登時は左の傾斜のあるチムニーを辿ったが、2021年久しぶりに再登した際は右の容易なラインから登り、そちらのクラックはそれなりに掃除した。

7P目 25m 5.10b

クレセントクラックに続く凹角を登る。見た目は簡単だが、吐き出されそうになり意外と悪い。


8P目 35m 5.10b

ひたすら左上する美しいクレセントクラックは、最後トラバースに近い位のライン取りで左の肩に抜けることが一般的だと思うが、振られるのでフォローも含めて結構危ない。今回はクレセントクラックの最後を途切れがちな細いクラックを使用して直上するラインを採用した。

一段階難しいラインとなったが、落ち着いてクライミングできればプロテクションも良好でフォローも含めて危険度は少ない。

9P目。50m。3級ほどの岩稜を辿る。

10P目 20m 5.10a

一手だけだが少し不可のあるムーブで這い上がれば正面壁のピークはすぐそこだ。

瑞牆 現人神(5.12b) オンサイト

トライ当日は3時起床、ストレッチやアップを暗闇の中こなして取り付きへ。アップの総仕上げにスラブを登りルーフ部分を触ってカムを決めてから20m近くのクライムダウン。取り付きで15分ほどレストしてから本トライを開始する。瑞牆トポで、何度も見たカッコいい写真のムーブと同じような動きでカムを決めてから、出口のガバ目掛けてデットした。ワイド部分を慎重に登って行き随分と長い間 温めていたオンサイトトライを最高の形で終えることができた。翌日は2時起床で、クラック限定バージョンをトライ。流石に取り付きまでのクライムダウンはしなかったが、じっくりスラブ終点でレストしてからルーフへ突っ込んだ。手足共にジャミングするこのムーブは完全に私の得意系課題だ。これも落ちることなく1回目のトライで完登を決めることができた。クライマーである事を諦めなくて本当に良かった。楽しくヤル気に溢れる仲間と一緒にクライミングができて私は幸せです。
続きは下からどうぞ。長文になります。

(さらに…)

瑞牆マルチ 翼ルート 5.10b

梅雨入り前のタイミングで、翼ルートから瑞牆 十一面岩正面壁のピークまで登ってきました。あまり登攀した話を聞かないルートでウェブ上にも古い記録しかない少し謎なルートでしたが、実際は岩の状態も良好で素晴らしい1日になりました。もっと登られるべきルートだと感じます。

翼ルート8/8(日)を新たに設定しました。

翼ルートの初登攀は1979年。左岩壁方面では最も早く登られたルートで当時、十一面岩のルートの中で最も人工登攀が少ないルートでした。今回登攀してみてやはり、岩の弱点を巧みに突いたルートだと感じました。

翼ルート概要

1P目(30m 5.8)
燕ハング左端から始まる凹角が取付き。
ワイドから小ハングをアンダーでトラバースして少し脆いフェイスを進む。
瑞牆トポには5.8となっているが岩が崩れ現在は5.9が妥当か?いずれにしても、このピッチを余裕でこなせないかなら出直した方が良い。

1P目 取り付き

2P目(40m 5.8)
圧倒的な大チムニーをバック&フットで豪快に登り、凹角状にチムニーが狭まった部分からはハンドジャムも使いながらグイグイ進む。最後の屈曲部分が少し悪い。ここまで山河微笑と同様。

4P目(40m 5.8)
テラスからバンドをトラバースして(ロープの流れ的にピッチをここで切った方が快適)
素晴らしく快適なチムニーから綺麗なハンドクラックを登る楽しい1ピッチ。

5P目(40m 5.8)
意外と登りにくい凹角状クラック。しっかり左足のフットジャムを効かせて登りたい。
数メートルの歩きを挟み、短いフレアークラックから左の樹林方面へ。
短いチムニーを登ったら立木でビレイする。

6P目(120m歩き+20m 5.8)
正面壁ピークを目指して樹林を歩き、汚いクラックを右上。

7P目(20m+10m 5.10b)
樹林の中の安定したテラスから、立派なコーナークラックを登る。
少しだけ被っていてるスタート部分を超えると段々クラックは広がり女性はフィストが決まらなくなって5.10aより難しく感じると思われる。※流石に辛いのではという意見が多く5.10bかなと思っています。
大岩でビレイして。最後は回り込んでから数メートルのスラブを登れば正面壁のピークへ到達!帰りは歩きと短い懸垂下降で取り付きに戻ります。

› 続きを読む