黒部横断から下山しました。

先日、黒部横断(32日間)の山行から下山しました。
おかげさまで充実の32日間となり、私にとって
特別な山行となりました。
この経験をガイド業にもフィードバックさせられたらと
考えております。
026P1250491_tn

084P1250610_tn

ROCK&SNOW 69号

ROCK&SNOW 69号は「瑞牆山」特集です。
その中で、以下の3つの記録が掲載されました。
・50P継続クライミング
・コスモス(5.13a 200m)と自由登攀旅行(5.13b 225m)
・「Joyful moment」開拓記
マルチピッチクライミングの魅力が伝わると
嬉しいです。

米子不動 「百草丸」初登 アイスクライミング(2010)

2010年と随分と前の記録でありますが、
米子不動で初登したミックス&アイスルートについての記録です。
有名な正露丸というルートの隣の氷柱を登るルートで
ルート名を百草丸と名付けました。
「継続は力なり」
初めて米子不動を訪れ正露丸を登ってから10年間。
継続が力となって、生きたことを実感しました。
記録はこちらから
CIMG0299_tn

2011 ウルタル(敗退記)

只今、パキスタンのフンザに滞在中です。
時間があったので、4年前のトライを振り返ってみました。

2011年のウルタルⅡ峰へのトライ。また、そこに至るまでの
道のりをHPにUPしました。2011年BCで書いた手記を基にしています。
結構な長文ですので、お時間のある時に読んで頂けると幸いです。

2011ウルタル遠征の記録は、こちらから
R1030830赤線_cr_tn

 

黒部横断

黒部横断を終え、日常生活に戻っております。
中々思い通りに行かない山行で、目標のピラーは登れませんでしたが
来年再びトライしようと思います。
今回の黒部については後日UP致します。
IMG_20150122_152113

岳人1月号 海から富士山へ

現在発売中の岳人1月号は、富士山特集です。
海から目指す!初冬の富士山に行ってきました。
ヤル気溢れる元気な岳人編集部員さんと
昔、憧れた黒部横断記録を紹介した
写真家さんと共に、ハードな山行で登頂。
自分ではまず思い立たない山行でしたが、
富士山をめぐる新たな魅力を発見できました。

2014年12月29日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : yusuke

WILDERNESS(ウィルダネス) 黒部横断5年間

WILDERNESS(ウィルダネス) No.3 (エイ出版社)にて
「黒部横断5年間」と言うタイトルで私達が取り組んだ5年間の
黒部横断について紹介されました。ライターの寺倉さんによる記事です。
なんと、12ページもかけて取り上げて頂き、今までにないまとまりで
5年間の濃密な厳冬期黒部横断の様子が分かる記事となっております。

2008年正月、池の谷での大規模な雪崩と三ノ窓雪洞6日間で
自分がどれほど、ちっぽけな存在なのか痛感したものです。
あの山行から、私の本当の山登りが始まったのかもしれません。
20111228黒部 (1686)
「本気を出した山には敵わない」
そんな山の中でモガキ、あがき続ける登山が好きです。

2014年9月30日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : yusuke

ROCK & SNOW 2014 夏号 No.64 パタゴニアの記録


随分遅くの告知になってしまいましたが、
ROCK & SNOW 2014 夏号 No.64に、2014年1月のパタゴニアクライミングが
友人のジャンボによって紹介されました。ティト・カラスコ西壁の新ルート開拓です。
1ヶ月半も居たのに、ずっと悪天続きでまともなマルチピッチクライミングも
できずに帰国を待つという状況に追い込まれた遠征でした。
帰国予定日から晴天周期が来るというなんとも皮肉な展開でしたが
帰国を何とか延ばし、2日間に賭けたクライミング。
P1030882_cr
素晴らしいラインの新ルート開拓を終えて24時間行動の末、
最後は走って下山。あと5分遅れていれば
チケット破棄というギリギリのタイミングでチャルテンを後にしました。
「与えられた条件の中で、やれることはやった」
そう振り返られるパタゴニア最終日でした。

こちらにも、ジャンボの手記が載せられています。