穂高~槍ヶ岳 継続登攀プラン③北穂東稜~滝谷ニューウェイブ

5日目
大きなザックを背負い、東稜から北穂へ。今日も最高の青空です。

wpid-14431499965718.jpg

北穂小屋に荷物を置いて滝谷ドーム西壁のニューウェイブへ。西壁は懸垂下降で危険なガレ沢を回避して取り付けます。昨年登った東海山岳会ルートからのラインはクラック主体のワイルドなルートでしたが、ニューウェイブは滝谷で唯一ラッペルボルトを使用して築かれたフリールートです。取り付きのアンカーをトライカムで補強してスタート。1ピッチ目は45m5.10a。1つ目のボルト付近はバランシーで侮れません。カチが程よく続くフェースを登って、クラックが入る小ハングを爽やかに越えていきます。楽しいなあ。

wpid-20150925_151856.JPG

2ピッチ目は斜面を歩いて3ピッチ目へ。こちらも45m。上部のコーナーは高度感あり緊張感溢れます。思い切ってレバックで突き進みます。

wpid-14431500008623.jpg

最終の4ピッチ目も45m気分良くロープを伸ばしました。
ルート全体を通して岩は概ね安定していて、滝谷ならでは
のロケーションを楽しみながら強傾斜のフリークライミングを満喫できる素晴らしいルートでした。

wpid-14431499966849.jpg wpid-14431500008522.jpg

今夜は北穂小屋でひさびさの布団で安眠しました。明日は槍ヶ岳方面へ。

wpid-14431500017157.jpg

2015年9月27日 | カテゴリー : ガイド山行 | 投稿者 : yusuke