瑞牆マルチ 翼ルート 5.10b

梅雨入り前のタイミングで、翼ルートから瑞牆 十一面岩正面壁のピークまで登ってきました。あまり登攀した話を聞かないルートでウェブ上にも古い記録しかない少し謎なルートでしたが、実際は岩の状態も良好で素晴らしい1日になりました。もっと登られるべきルートだと感じます。

翼ルート8/8(日)を新たに設定しました。

翼ルートの初登攀は1979年。左岩壁方面では最も早く登られたルートで当時、十一面岩のルートの中で最も人工登攀が少ないルートでした。今回登攀してみてやはり、岩の弱点を巧みに突いたルートだと感じました。

翼ルート概要

1P目(30m 5.8)
燕ハング左端から始まる凹角が取付き。
ワイドから小ハングをアンダーでトラバースして少し脆いフェイスを進む。
瑞牆トポには5.8となっているが岩が崩れ現在は5.9が妥当か?いずれにしても、このピッチを余裕でこなせないかなら出直した方が良い。

1P目 取り付き

2P目(40m 5.8)
圧倒的な大チムニーをバック&フットで豪快に登り、凹角状にチムニーが狭まった部分からはハンドジャムも使いながらグイグイ進む。最後の屈曲部分が少し悪い。ここまで山河微笑と同様。

4P目(40m 5.8)
テラスからバンドをトラバースして(ロープの流れ的にピッチをここで切った方が快適)
素晴らしく快適なチムニーから綺麗なハンドクラックを登る楽しい1ピッチ。

5P目(40m 5.8)
意外と登りにくい凹角状クラック。しっかり左足のフットジャムを効かせて登りたい。
数メートルの歩きを挟み、短いフレアークラックから左の樹林方面へ。
短いチムニーを登ったら立木でビレイする。

6P目(120m歩き+20m 5.8)
正面壁ピークを目指して樹林を歩き、汚いクラックを右上。

7P目(20m+10m 5.10b)
樹林の中の安定したテラスから、立派なコーナークラックを登る。
少しだけ被っていてるスタート部分を超えると段々クラックは広がり女性はフィストが決まらなくなって5.10aより難しく感じると思われる。※流石に辛いのではという意見が多く5.10bかなと思っています。
大岩でビレイして。最後は回り込んでから数メートルのスラブを登れば正面壁のピークへ到達!帰りは歩きと短い懸垂下降で取り付きに戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です