錫杖 「見張り塔からずっと」5.9 11P

3日間の日程を確保して、ベストシーズンの錫杖クライミングを楽しんできました。
お天気にも恵まれ、充実したクライミングとなりました。
初日は、のんびりと入山し岩屋でささやかな焚き火。
大きな丸い月が穂高の稜線から姿を見せてくれました。

2日目 「見張り塔からずっと」5.8 11P
前衛フェースが朝日を受ける頃出発。
P1240731_tn_tn

続きを読む

穂高~槍ヶ岳 継続登攀プラン⑤槍ヶ岳西稜

8日目
早朝に起きましたが槍ヶ岳はガスの中。8時、やっとスッキリと霧雨とガスが晴れてスタートできました。
ガレ沢を慎重に下降し小槍の末端、大テラスへ。ここまで下りてくると小槍は巨大な岩峰であることを思い知ります。

wpid-14433146476850.jpg

続きを読む

2015年9月27日 | カテゴリー : ガイド山行 | 投稿者 : yusuke

穂高~槍ヶ岳 継続登攀プラン③北穂東稜~滝谷ニューウェイブ

5日目
大きなザックを背負い、東稜から北穂へ。今日も最高の青空です。

wpid-14431499965718.jpg

北穂小屋に荷物を置いて滝谷ドーム西壁のニューウェイブへ。西壁は懸垂下降で危険なガレ沢を回避して取り付けます。昨年登った東海山岳会ルートからのラインはクラック主体のワイルドなルートでしたが、ニューウェイブは滝谷で唯一ラッペルボルトを使用して築かれたフリールートです。取り付きのアンカーをトライカムで補強してスタート。1ピッチ目は45m5.10a。1つ目のボルト付近はバランシーで侮れません。カチが程よく続くフェースを登って、クラックが入る小ハングを爽やかに越えていきます。楽しいなあ。

wpid-20150925_151856.JPG

続きを読む

2015年9月27日 | カテゴリー : ガイド山行 | 投稿者 : yusuke

穂高~槍ヶ岳 継続登攀プラン②4峰正面壁~北壁~Aフェース

3日目の目標は4峰正面壁松高ルートです。
涸沢からヘッドライトを付けて5・6のコルへ。振り返ると前穂が朝日に染まった姿を見せていました。

wpid-14431499988776.jpg

奥又白谷へ下降し、雪渓がわずかに残るC沢出合をアイゼンを付けて登っていきます。見上げる4峰正面壁は威圧感たっぷりです。

wpid-14431500604192.jpg

続きを読む

2015年9月27日 | カテゴリー : ガイド山行 | 投稿者 : yusuke

穂高~槍ヶ岳 継続登攀プラン①屏風岩東壁

穂高の主な岩場である屏風岩、前穂4峰正面壁、前穂北壁~Aフェース、滝谷に加え槍ヶ岳西稜を一回の山行で登攀したいという、とんでもなく欲張りなお客様と9日間の日程で入山しました。

1日目 屏風岩T4まで
シルバーウィーク初日でしたが早朝に沢渡を出発したので落ち着いた雰囲気の上高地からスタートすることができました。9日間の食料とテント等の幕営装備、登攀道具が満載のザックが肩に食い込みます。横尾から涸沢方面に30分で屏風岩への渡渉点です。水量は少なく問題なく渡ってから1ルンゼ押し出しをつめていきます。
T4尾根取り付きから登攀開始。ビバーク装備を背負いながらなので慎重に登りました。2時間ほどで快適なT4に到着。激込みの涸沢キャンプよりはるかに快適な一夜でした。
wpid-14431499960127.jpg
続きを読む

2015年9月27日 | カテゴリー : ガイド山行 | 投稿者 : yusuke

ROCK&SNOW 69号

ROCK&SNOW 69号は「瑞牆山」特集です。
その中で、以下の3つの記録が掲載されました。
・50P継続クライミング
・コスモス(5.13a 200m)と自由登攀旅行(5.13b 225m)
・「Joyful moment」開拓記
マルチピッチクライミングの魅力が伝わると
嬉しいです。

称名滝冬季初登(2013)

2013年に冬季初登した称名滝について記録をUPしました。
この滝は、夏冬通して思い入れの非常に高い滝であります。
私の初岩場体験もこの滝の近くにある雑穀谷のゲレンデでした。
クライミング初心者だった頃から、夏の称名滝登攀の話も
踏まえての長文となっております。
記録はこちらから
naraku_tn

米子不動 「百草丸」初登 アイスクライミング(2010)

2010年と随分と前の記録でありますが、
米子不動で初登したミックス&アイスルートについての記録です。
有名な正露丸というルートの隣の氷柱を登るルートで
ルート名を百草丸と名付けました。
「継続は力なり」
初めて米子不動を訪れ正露丸を登ってから10年間。
継続が力となって、生きたことを実感しました。
記録はこちらから
CIMG0299_tn